Message

代表挨拶

何も持たない中卒でも


成功できると伝えたい

代表取締役 関 憲人

株式会社マクサスは、僕が22歳の時に設立した会社です。起業の経緯と、この会社を通じて伝えたいことを動画でお話ししました。特に、今、自信を失っている人に見ていただけたら嬉しいです。

「普通の道」が断たれた後、
営業マンを経て起業

僕が起業を決意したのは、高校の中退が決まった17歳の夜。もう組織に属して出世するみたいな生き方は無理だから、自分の力だけで生きる人生を選ばなくてはいけないと思ったんですね。起業してしまえば学歴も関係ないだろうと。
20歳までに起業しようと、十代の時はバイクの転売をやっていたのですが、実力不足を痛感。越えなければいけないハードルとの差分を埋める時間が必要でした。20歳からの二年間は、不動産会社で修行させていただきました。その経験が財産になりました。100人くらいの営業マンの中で、最年少ながら全国2位の営業成績を残せたんです。それで調子にのってイキリ倒してしまったのが僕のダメなところですが、その根性を真剣に叩き直してくれた上司もいて。営業力だけではなく、人としてのベースも学びました。
22歳の時、未熟なりに土俵に立ったと感じ、ついに起業に至りました。

サービスの向上とITで差別化。
中古市場は可能性が無限大

起業当初は、不動産業の経験をいかしてシェアハウスの運営事業を計画しました。これが全然うまくいかなかった。契約一歩手前で断られてしまうんですね。大事な不動産を預けるだけの信用が、僕にはなかったからです。
そこで、もう少し小さいお金を動かす買取業を始めました。当時、競合だったリサイクルショップはサービス品質がイマイチで、ネットも活用していませんでした。だから、即日査定に行く、ちゃんとウェブサイトを作ってSEOをやるというだけでも十分勝負ができたんです。
中古マーケットは大きいですし、まだまだ勝てる余力があります。僕が起業した時は、資金なんか100万円しかなかったし、学歴も経験も人脈もなかった。それでもなんとかなって、ちゃんと成功できる。それを、「自分には無理だ」と思っている人に伝えたい。
これから、会社の仲間やFCオーナーさんと一緒にこの業界を駆け上がって、成功ストーリーを作ります。それが、僕が会社をやっている理由なんです。

Biography

代表略歴

1990年 関 憲人 誕生
2000年 アルペンスキーの東京都の大会で優勝
2002年 サッカーの地域選抜の中心メンバーとして様々な大会に出場
2005年 最後の大会前にサッカー部の監督と喧嘩し、退部
2007年 高校を中退。中古品売買を個人事業としてスタート
2009年 ビジネスアイディアを探すために単身ニュージーランドに渡航
2010年 帰国後、不動産仲介会社アパマンショップに勤務
集客〜営業〜契約までのビジネスフロー全体を学ぶ
2012年 株式会社SJCコーポレーション(現:株式会社マクサス)を設立

Contact

お問い合わせ